バイナリーオプション攻略法を検証するママブログ

証拠金維持率というアラーム。FXにとって最も必要な情報とは?

 

FXのトレードにとって、証拠金維持率はどのような意味を持つのか。トレードで利益をあげることにだけ集中していると、いつの間にか証拠金維持率が100パーセントを下回っていたという経験は誰にでもあると思います。そのような状況を防ぐには、どうすれば良いでしょうか。証拠金維持率を気にすれば、防げる失敗。いつの間にか、100パーセントを切っていた証拠金維持率。もしも、次の瞬間に相場が大きく変動すれば、最悪の場合には強制決済(ロスカット)によって取引口座に入金した資金を大きく失ってしまう可能性もある状況です。早めに、含み損を抱えているポジションを決済(損切り)すべきです。

 

利益のみを追求するだけで良ければ、これほど楽なものはないと思えるFXのトレード。ところが、実際には利益の追求よりも大事なことがあります。それが、損切りという辛い決断です。この損切りをいかに早く決断できるかということが、最もFXのトレードには必要でしょう。証拠金維持率をキープ、それが大事。FX初心者であれば、どうしても利益をあげることだけが重要であると考えがちです。ところが、トータルで利益をあげるには、いつの段階で損切りをするかというルールを決めることが重要であることに気がつきます。

 

損切りが重要であることに気がつけば、トレーダーとして次の段階に進めるのではないでしょうか。利益を積み重ねていき、取引口座の残高がどれほど増えたとしても、証拠金維持率が低下して100パーセントをきれば、取引口座から資金を引き出すことはできません。それまでたくわえた利益の一部を失ってしまう行為である損切りには、大きな抵抗を感じるのは当然です。それでも、その操作によって、残りの投資資金を守ることができます。

 

常に、証拠金維持率を一定以上の水準にキープしながら、利益を積み重ねることができるようになれば、もう初心者のトレーダーではありません。後は、せっかく身につけた損切りルールを守りながら、取引する通貨単位を少しずつ増やしていけば、トレーダーとしての明るい未来がやってくるでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09

小額から始めてどんどん増えていき結局どんどん無くなっていく金…

 

自分がFXをはじめたのは2年前。NYに行く際に外貨変換はFX経由だとお得ということを教えてもらってからだ。¥500,000程口座に入れ、旅行に行くまで軽く遊びでやっていた。ただ単に売ったり買ったり…そんなことをやってると¥500,000は¥2,800ほど増え¥502,800に!ものの数分で…なにこれ楽しすぎたろ!ってな感じで遊んでた。

 

しかし正月悲劇が… 40,000通貨ほどロングで所有してると100psも低下…¥40,000マイナス…強くなって売った…けどすぐに回復し、仮に持ってたらプラス¥10,000ほどになっていた…。

 

これは正直かなり堪えた…もーやらねえと思ってたが暇で¥200,000ほどツッコミスタート。人間の心理として、所有したものは痛ましくなり最初の価値以上に感じてしまうものである。そして、仮にマイナスにってもなんとかなるんじゃないかと思い始めて、とんでもない損失をしてします。

 

仮にプラスでもまだ上がる!!と思い持っていて時間が経つにつれどんどん下がっていか。売り時買い時が心の状態によってかなり変化してくる。超短期でやるなら思いっきり心理戦。勝ち続けるにはとにかくメンタルが大切。よって、なけなしの金で一儲けしてやる!!!的な心理状態でやったって勝てる見込みはほぼ皆無。どーせドブに捨てるような金だ、どーでも良いくらいのメンタルの方が良い。まあ、とにかくメンタルは大切!

 

これが分かり最近は勝ち続けプラス¥60,000くらいまでいった!しかし、チャイナショックと、原油価格の影響により、円高にもう利上げも確定して、これからはどんどん円安か!と思ってた矢先にこれ1週間で3~4円も円高になる展開。確実に円安だろと思ってる俺は何回も買っては、逆指値執行、逆指値執行…おかげで¥90,000くらいロス…もーやばい…
今の市場はとんでもないことになってる…中々手が出せません。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09

デモトレードでは大成功。でも、リアルになるとイマイチ。それがFX

 

各FX会社が提供しているデモトレードは、特に初心者にとっては有益なサービス。最初に、このデモ環境でトレードを経験すれば、リアルなトレードの際にトレードシステムの操作で悩むようなことはありません。ところが、デモトレードでは負けなしの初心者が、実際に自分の資金をリアル環境で運用するようになると、勝率が上がらないという現象も。

 

なぜ、デモとリアルでは異なる結果。これは、FXに限らず相場変動によって利益を上げることを目的とする取引に特有の問題が関係しています。それは、自分の判断を完全に信じることができるのかというトレーダーの心理的な問題です。デモ環境とは異なり、実際に自分の資金を元手に取引を行うリアルな環境。これは、心理的に大きなプレッシャーとなります。一度でも自分の判断に従ったトレードで損失を受けたような場合は、それがさらに大きくなります。

 

なぜなら、次のトレードでは、今回の損失を大きく上回るような利益を上げてやろうという気持になるからです。このような心境は、自分の判断に素直に従っていたデモトレードのときには、存在していなかったものです。リアル環境でも、結果を出すには、リアルなトレード環境であっても、デモのときと同じような心境になれば、それで問題は解決ですが、実際には、それほど簡単ではありません。人間の心理は、かなり複雑であり、心理学という1つの学問の分野が存在しているぐらいです。

 

このような問題は、FXの世界だけではありません。例えばスポーツの世界でも、練習のときは素晴らしい記録を出すのに、本番ではダメという選手の話はよく聞きます。必要以上のプレッシャーは、誰にとっても害になるということでしょう。FXのトレードで、もしも予想外の損失を被ったときは、一度冷静になる必要があります。今回の自分の判断が、果たして自分の素直な相場観に従っているものかどうかを一度分析してはどうでしょうか。

 

自分の有利になるように、無理な解釈をしていないかを一度考えた方が良いでしょう。一度、デモ環境に戻って自分自身の取引ルールを再確認することも有効です。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09