バイナリーオプション攻略法を検証するママブログ

バイナリーオプションは仕組みを理解すれば大儲けできる可能性も

バイナリーオプション攻略法を検証するママブログ

 

バイナリーオプションとは相場の値動きが上がるか下がるかを予想して投資を行う取引方法のことです。二択でとてもシンプルなルールであるからこそ、その仕組みは投資初心者の方でも理解しやすいです。ただ、シンプルであるとは言ってもバイナリーオプションの仕組みをきちんと理解せずに始めるのはギャンブルと同じでとても危険です。その一方できちんと理解した上で上手く投資をすれば大儲けできる可能性もあります。二択とは言っても単純に5割の確率とならないのがバイナリーオプションです。

 

どうして二択であるにもかかわらずに5割とならないのかというと、予想するのは株価や通貨などの相場の値動きだからです。これらの相場はきちんとした知識を身につけた上で予想すれば、かなりの確率で当てる事も不可能では無いのです。一方、バイナリーオプションを行おうとする上で注意してほしいのは、5割では利益を上げられないという事です。単純な二択のギャンブルならば、予想が当たったら掛け金の二倍、外れたら全額没収という事になりそうですが、バイナリーオプションは当たった場合はペイアウト率に応じて払戻金を受け取る事が出来るのですが、ペイアウト率は二倍という事は無いのです。

 

何故かというと、バイナリーオプションを行うには業者を介して行いますが、業者は手数料を取る事によって利益を得ています。そして、その手数料というのがペイアウト率に反映されていて、業者によってもペイアウト率は異なりますが、2倍になるという事は考えられないのです。いくら単純で初心者でも始めやすいとはいっても、これらの仕組みを理解せずに適当にやるのは危険であり、5割だから大丈夫という訳では無いです。

 

一方、きちんと分析して行う事で勝率を上げる事が出来れば、短期間で大儲けするのも不可能では無いという面もあります。短期間で結果が分かる上に、相場の動きが鈍い時でも儲ける事が出来るという点は株やFXには無い魅力です。

 

 

バイナリーオプションを攻略する方法

バイナリーオプション攻略法を検証するママブログ

 

たくさんのFX業者が近年積極的に提供しているバイナリーオプションですが、簡単に説明すると現在の為替コストが判定時刻になった時点で高いか安いかを予測する投資です。バイナリーオプション口座を開けば誰でも簡単に行うことができますが、上がるか下がるかという2択選択の結果にお金を投資することから、あたかも丁半バクチのようなギャンブル性の高いものではないかという印象持たれてしまう方も多いです。

 

実際にやってみると判定時刻直前にまるで謀ったかのようなトリッキーな値動きにより損失を被ったりすることも多く、こうなると確かにバクチのように熱くなりますから、負債を取り返そうと次の取引で今まで以上の金額をつぎ込んでしまいがちです。しかしこれはバイナリーオプション以外の通常の為替取引でも禁忌とされているやり方ですから、負けて熱くなった精神状態をチルアウトする強い意志がバイナリーオプションにおける大きな攻略法といえます。

 

しかしこういった精神論だけでなく、為替相場でよく見られる値動きを積極的に取り入れていくとより勝率は高くなり、例えば仲値の設定などといった東京時間の中でよく見られる値動きを上手く利用すると良い結果が得られるでしょう。これに加えてドル需要の高くなるゴトー日を絡めるとさらに良い結果が得られます。そして欧州時間やニューヨーク時間ではそれまでの東京時間よりも激しい値動きになってしまいますから、この値動きを利用した投資方法が効果的です。

 

具体的には、バイナリーオプションの取引値段というのは購入時点のコストより離れれば離れるほど安価になりますので、そういったものを購入し、各種指標の発表や重要人物の発言で激しく値が動いた時に売却すると限定されたリスクで大きな報酬を期待することができます。判定時刻に到達する前に売却することにより利益を得られるバイナリーオプションの特性を最大限に利用した方法で、状況に応じて使い分けることが勝率を高める上で重要です。

 

 

短時間取引ができない国内のバイナリーオプション

バイナリーオプション攻略法を検証するママブログ

 

海外業者に比べると、国内業者のバイナリーオプションは自由度が低く、魅力に欠ける部分があります。しかし、自由度が低いことにはきちんとした理由があります。投資の世界は大きく儲けられる可能性を秘めていますが、同じく大きく損をする結果が発生する仕組みにもなっています。投資家の資金や人生を守るために、国内では自由度を下げて安全な取引ができるように工夫されています。

 

バイナリーオプションにおける国内規制では、ハイローオプションでの短時間取引の禁止が有名です。ハイローオプションの楽しみは、数分後に結果がわかる点ですが、国内の規制では2時間以上かけなければ結果が出ないようになっています。短時間で取引できるルールだと、博打に相当すると判断されたためです。運の要素が強くなってしまうのが問題です。運だけであっという間に儲けが出たり、資金を失うという状況が、規制の対象になりました。

 

バイナリーオプションでは、2つのうちのどちらかに賭けて、勝敗を判定するルールになっていますが、その判断基準になるレンジが外に出る現象が稀にあります。レンジ外になったまま終了すれば、投資家はどちらに賭けても勝つことができません。レンジ外になった場合、以前までは業者側が総取りできるようになっていました。その総取りの部分にメスが入り、今では業者側が総取りできないように変更されています。レンジ外になる現象は避けられないものの、このような状態になっても総取りは発生せず、投資家側へ全額払い戻されるルールになりましたので、安心して取引ができる環境が整っています。

 

この他にも国内用の規制が色々と存在します。規制のおかげで1日に取引ができる回数が少なくなったり、業者に対する不満点が解消されているため、国内のバイナリーオプションは安全に取引できる魅力が詰まっています。大きく儲けたいなら海外の業者がおすすめですが、リスクが高くなることを覚えておきたいところです。

原油価格の暴落が今回の円高、リスク回避要因なのか?

 

原油価格が30ドルを割り、価格が下落をしています。この価格はリーマンショック直後の安値を割った価格とのことですが、はたして本当に原油価格暴落が今回の円高のようなFXリスク回避要因なのでしょうか?

 

そもそも原油価格が下がれば、世界的な大規模な金融緩和を行った直後なのですからインフレ懸念が後退して逆に物価が高騰する懸念があったのを和らげる効果があります。また、北半球は今現在、冬であり暖房器具の燃料である、灯油や天然ガスの最需要期と言っても過言ではありません。つまり、その最需要期中に通常の年に原油価格がどんどん下がるということはよほどの原因がない限りそのような経験はないのです。

 

ただし、これは原油相場に詳しい方からの反発を招く恐れもありますので、詳細に解説をすると、業者側の本当の需要期というのは仕入れの最盛期になる12月になります、この月に大体の原油を仕入れて灯油などの製品にします。逆に、暖冬であった場合、特に、日本、アメリカは今年は暖冬ですので、余計に仕入れた石油製品を投げ売りにしますのが今月になりますので一応は理屈通りのマーケットの動きになります。

 

ただ、まだ寒くなる可能性があるときにこのような下げをするのはほとんどなく、この原油相場は私はテクニカル的な問題ととらえています。

 

そもそも原油相場、特に、ニューヨークの指標原油がWTIの原油は限月制度をとっておりこの納会が毎月20日にあります。みなさんはリーマンショック前は石油が足りない、足りないと騒ぎ、クリーンエネルギーの中に穀物から作るエネルギーも採用をしたのは覚えていますでしょうか。現在もこのクリーンエネルギーの需要は旺盛であり、それが原油の供給不足を招いた結果です。

 

一方で、天然ガスはシェールガス革命の煽りをうけて供給過剰の状態になってその価格は下落の一途でした。そこでファンドは天然ガスを売り、原油を買うとい裁定取引をしたのです。これは私の記憶では一番長い機関儲かった裁定取引になると思います。そこで、原油買いと天然ガス売りの裁定取引の解消になっているのが今回の暴落の減員と個人的にはみています。供給過剰の天然ガスは去年の末から上昇しているのをみると真犯人はこれだ、と思うのが普通です。

 

繰り返していえば、原油価格の下落は経済にとっては不都合ではなく寧ろ電気代やエネルギー価格の低下を招き、消費拡大になり却って経済効果はプラスになります。原油価格が下がることによって、中国経済の減速によってという記事をみてよくFXで原油や中国チャートを見ながらトレードしている方を見かけますがそれは本質的には間違いであって、流行的には正しいと言えると思います。ですから、この暴落は買い場になると個人的には考えています。

続きを読む≫ 2016/08/29 16:18:29

現在の相場状況はリーマンショックと同じであるか?

 

年初から日本の株式相場が下落をして戦後日本の株式相場が再開してからのワーストで6営業日連続の下落、翌営業日に反発をするもさらに下落が続いています。FXである通貨市場も円高方向に進行をしています。ここで、RBSのクレジットチーフ・オフィサーは2008年のリーマンショックをほうふつさせるとの顧客向けレポートで解説をしています。原油安や人民元の切り下げによって今回の暴落は起こっているのですが、それが雪だるま式に加速して世界の各地で暴落を引き起こしている状態という風に解説をしています。

 

参考までにリーマンショックとは、全米の住宅ローンを証券化してその証券化した商品をCDOとして組成をして顧客に販売をした歴史的な詐欺事件になります。要するに住宅ローンを証券化することによって、よい住宅ローン保持者も悪い住宅ローン保持者も一緒の証券として販売し、その証券化したローンを格付け会社が最高の格付けを与えたことに起因をします。

 

ですから、住宅バブルが崩壊し、住宅価格が下がり始めたことによって悪いローン保持者がローンの返済が滞ることが各地で発生してそのサブプライムローンが焦げ付いたことを端緒とする事件です。今回のこの大幅な下げは、根本的な要因は中国とみなされていますが、一般的に中国国内では貸付金を証券化するというような金融テクニカルがあまり発達していませんので、一部には証券化商品は存在するとはいえ未発達の分野になりますのでこういった金融詐欺事件の要因とは考えにくいものです。

 

また、今回の暴落のきっかけになった中国にの主要市場における株式の暴落においても、中国の株式の時価総額がGDPの15パーセント程度しかなく、株式が暴落したことによっての今回の暴落が起こったこともかんがえにくい。ただ、中国はアメリカに次ぎ世界で第二番目の経済対国であることから、その成長率が昨年は7パーセントだったものが今年は6.5パーセントになったことも大きな要因であろう。しかし、問題の大部分はアメリカにあると思います。

 

アメリカは昨年末に利上げを行いましたが、今回の暴落は利上げというのは結局、景気を冷やすために行われるものであって、今後も景気の上昇を保証するものではありません。つまり、一般的には利上げ直後に株価が暴落するのはある意味正しい経済行為であり、それを9年ぶりの利上げであることによって、みながその利上げ直後に株価が暴落することを忘れてしまっていたことが要因であろう。

 

つまり、雪だるまのように各地で暴落が起こっていますが、リーマンのような劇的な下げではなく、あくまでも景気回復過程の一環とみるべきであろう。つまり、ここはドル円等は買い場になると個人的には考えています。

続きを読む≫ 2016/08/29 16:18:29

FXを初めてちょうど1年になりますが少し赤字です

 

私自身が妊娠して、パートができなくなったのをきっかけに家でもできる仕事としてFXを始めました主人が話をもちかけてくれて、損しても勉強代だと思えばいいと言ってくれ、貯金の10%ほどから始めました。最初はデイトレで中々いい線をいっていたのですが利益は1ヶ月で3000円ほど。見かねた主人が一緒にやってくれるようになり3ヶ月で8万円利益を出すこともありましたが少し油断してしまい慣れてきた頃にその8万の利益もゼロになりました。

 

始めた金額とトントンくらいになりまた勉強を夫婦でし直し、少し取り返したのですが、この中国株で赤字を食らってしまいました。勉強不足は相当な痛手になり素人の付け焼き刃ではまだまだですが、経験しないとなにも進まないのも事実。

 

主人も相談に乗ってくれるし赤字を出してもいい勉強になったね!と言ってくれるのはとても救いです。これは専業主婦の方なら特になのですが一人でやるものではないなと思います。相談できる人がいるといないとでは心の余裕が違います。ご主人に隠れてやられてる方も中にはいらっしゃるようですが、赤字を出したときにオロオロしてしまい取り替えそうとして欲をかいてロスカットまで追い込まれる様に思います。

 

なのでわたしはロスカットをもらわない程度にコツコツやるほうがいいかなと思いました。あとは専業主婦のかたはデイトレのほうがいいと思うのと、貯金を全て突っ込んでしまわない方がいいと思います。勝ち分は減りますが1日1000円を20日間続けると一ヶ月二万円になります。1日千円を目標に頑張って慣れてきたら二千円を目標にというふうにコツコツやるのがいいのかなと思います。

 

あとは勉強勉強です。FXを博打にするのも投資にするのも自分次第だと思うので勉強すれば実を結ぶものだと思います。欲をかきすぎるのもよくないかな。冷静に動きを見て勉強して相談できる相手がいると少しずつ少しずつ勝てていける、そんなものだと思います。ただ、ほんとに勉強だけは怠ってはいけないです。

続きを読む≫ 2016/08/29 16:18:29

FXで負けない人の思考は意外とシンプルだった

 

私の周りでFXをしている人は、20人ほどいます。その中でも、負ける人、勝てる人それぞれいます。今回紹介するのは、FXで負けない人に共通している考え方です。実は、FXで負けない人というのは、すごく稼いでいるというわけではありません。デイトレーダーの方も、サラリーマンの方もFXで負けない人は、最低限負けなければよいという考え方を持っています。

 

私は最初FXを始めたときは、稼げることが面白くて、チャートを見る時間が増えていきました。しかし、FXで負けない人達から、チャートなんて、見るのは一日10分程度で良いと言うのです。私は最初、言葉の意味が分かりませんでしたが、詳しく話を聞いてみると、意外とシンプルでした。

 

一日の取引または一週間での取引で得する金額を最初から決めておき、それ以上はしないこと。これが大切だということでした。ギャンブルに共通する話ですが、勝ち始めると「まだ稼げる」と思ってしまい、集中力が切れても続けてしまう人が多いです。

 

しかし、たとえば「一日で2000円勝つこと」これを目標にしておけば、それ以上労力を費やす必要はありません。今度は、「一日500円以上負けたらその日の取引はしない」こういう条件をつけて取引をすると、どうでしょうか。負けたことに対して、必ず取り返さなければならないという心理に駆られず、次の日に冷静になって取引をすることができます。

 

では、二つの条件「一日で2000円勝こと」と「一日500円以上負けたらその日の取引はしない」を組み合わせた場合、一回勝てば4回負けても構わない計算になります。FXで負けない人の考え方というのは、こういうルールを設定し、それを守ることで自分の心理に線引きをすることで、自らを律することができるということになります。

 

もちろん、一日での利益と損失は、皆様の掛け金に応じて決定していただいても構いません。ですが、大きな目標を立てると、それだけ、一日の取引にかける時間が大きくなってしまうので、負担にならない程度の目標を設定するのが賢いFXとの付き合い方といえるでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/29 16:18:29

証拠金維持率というアラーム。FXにとって最も必要な情報とは?

 

FXのトレードにとって、証拠金維持率はどのような意味を持つのか。トレードで利益をあげることにだけ集中していると、いつの間にか証拠金維持率が100パーセントを下回っていたという経験は誰にでもあると思います。そのような状況を防ぐには、どうすれば良いでしょうか。証拠金維持率を気にすれば、防げる失敗。いつの間にか、100パーセントを切っていた証拠金維持率。もしも、次の瞬間に相場が大きく変動すれば、最悪の場合には強制決済(ロスカット)によって取引口座に入金した資金を大きく失ってしまう可能性もある状況です。早めに、含み損を抱えているポジションを決済(損切り)すべきです。

 

利益のみを追求するだけで良ければ、これほど楽なものはないと思えるFXのトレード。ところが、実際には利益の追求よりも大事なことがあります。それが、損切りという辛い決断です。この損切りをいかに早く決断できるかということが、最もFXのトレードには必要でしょう。証拠金維持率をキープ、それが大事。FX初心者であれば、どうしても利益をあげることだけが重要であると考えがちです。ところが、トータルで利益をあげるには、いつの段階で損切りをするかというルールを決めることが重要であることに気がつきます。

 

損切りが重要であることに気がつけば、トレーダーとして次の段階に進めるのではないでしょうか。利益を積み重ねていき、取引口座の残高がどれほど増えたとしても、証拠金維持率が低下して100パーセントをきれば、取引口座から資金を引き出すことはできません。それまでたくわえた利益の一部を失ってしまう行為である損切りには、大きな抵抗を感じるのは当然です。それでも、その操作によって、残りの投資資金を守ることができます。

 

常に、証拠金維持率を一定以上の水準にキープしながら、利益を積み重ねることができるようになれば、もう初心者のトレーダーではありません。後は、せっかく身につけた損切りルールを守りながら、取引する通貨単位を少しずつ増やしていけば、トレーダーとしての明るい未来がやってくるでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09

小額から始めてどんどん増えていき結局どんどん無くなっていく金…

 

自分がFXをはじめたのは2年前。NYに行く際に外貨変換はFX経由だとお得ということを教えてもらってからだ。¥500,000程口座に入れ、旅行に行くまで軽く遊びでやっていた。ただ単に売ったり買ったり…そんなことをやってると¥500,000は¥2,800ほど増え¥502,800に!ものの数分で…なにこれ楽しすぎたろ!ってな感じで遊んでた。

 

しかし正月悲劇が… 40,000通貨ほどロングで所有してると100psも低下…¥40,000マイナス…強くなって売った…けどすぐに回復し、仮に持ってたらプラス¥10,000ほどになっていた…。

 

これは正直かなり堪えた…もーやらねえと思ってたが暇で¥200,000ほどツッコミスタート。人間の心理として、所有したものは痛ましくなり最初の価値以上に感じてしまうものである。そして、仮にマイナスにってもなんとかなるんじゃないかと思い始めて、とんでもない損失をしてします。

 

仮にプラスでもまだ上がる!!と思い持っていて時間が経つにつれどんどん下がっていか。売り時買い時が心の状態によってかなり変化してくる。超短期でやるなら思いっきり心理戦。勝ち続けるにはとにかくメンタルが大切。よって、なけなしの金で一儲けしてやる!!!的な心理状態でやったって勝てる見込みはほぼ皆無。どーせドブに捨てるような金だ、どーでも良いくらいのメンタルの方が良い。まあ、とにかくメンタルは大切!

 

これが分かり最近は勝ち続けプラス¥60,000くらいまでいった!しかし、チャイナショックと、原油価格の影響により、円高にもう利上げも確定して、これからはどんどん円安か!と思ってた矢先にこれ1週間で3~4円も円高になる展開。確実に円安だろと思ってる俺は何回も買っては、逆指値執行、逆指値執行…おかげで¥90,000くらいロス…もーやばい…
今の市場はとんでもないことになってる…中々手が出せません。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09

デモトレードでは大成功。でも、リアルになるとイマイチ。それがFX

 

各FX会社が提供しているデモトレードは、特に初心者にとっては有益なサービス。最初に、このデモ環境でトレードを経験すれば、リアルなトレードの際にトレードシステムの操作で悩むようなことはありません。ところが、デモトレードでは負けなしの初心者が、実際に自分の資金をリアル環境で運用するようになると、勝率が上がらないという現象も。

 

なぜ、デモとリアルでは異なる結果。これは、FXに限らず相場変動によって利益を上げることを目的とする取引に特有の問題が関係しています。それは、自分の判断を完全に信じることができるのかというトレーダーの心理的な問題です。デモ環境とは異なり、実際に自分の資金を元手に取引を行うリアルな環境。これは、心理的に大きなプレッシャーとなります。一度でも自分の判断に従ったトレードで損失を受けたような場合は、それがさらに大きくなります。

 

なぜなら、次のトレードでは、今回の損失を大きく上回るような利益を上げてやろうという気持になるからです。このような心境は、自分の判断に素直に従っていたデモトレードのときには、存在していなかったものです。リアル環境でも、結果を出すには、リアルなトレード環境であっても、デモのときと同じような心境になれば、それで問題は解決ですが、実際には、それほど簡単ではありません。人間の心理は、かなり複雑であり、心理学という1つの学問の分野が存在しているぐらいです。

 

このような問題は、FXの世界だけではありません。例えばスポーツの世界でも、練習のときは素晴らしい記録を出すのに、本番ではダメという選手の話はよく聞きます。必要以上のプレッシャーは、誰にとっても害になるということでしょう。FXのトレードで、もしも予想外の損失を被ったときは、一度冷静になる必要があります。今回の自分の判断が、果たして自分の素直な相場観に従っているものかどうかを一度分析してはどうでしょうか。

 

自分の有利になるように、無理な解釈をしていないかを一度考えた方が良いでしょう。一度、デモ環境に戻って自分自身の取引ルールを再確認することも有効です。

続きを読む≫ 2016/08/09 12:14:09